お知らせ

子育てコラム

新学期の子どもの心に寄り添いましょう。

新しい生活が始まる新学期。子どもが新しい環境に不安を感じたり、落ち着かなくなったりすることがあります。
いつもよりちょっと丁寧な親子のコミュニケーションで寄り添ってあげましょう。

1.子どもの話をよく聞こう
聞いてもらうことは気持ちを安定させるのにとても効果があります。

2.ネガティブな気持ちを受け止めよう
「そっか、寂しかったんだね。」「ちょっと不安になったのね。」と受け止めてもらうと、子どもの心の中に「分かってもらえてる。」という安心感が湧きます。

親御さんだって、この時期は期待と心配とで気持ちが不安定になることがあります。
どんな事柄でも人には「慣れる」「適応する」能力がありますから、時間の流れに身を任せてゆったり構えましょう。

子育てコラム

親子で絵本を読む時間を作りましょう。

スマートフォンやユーチューブなど、子どもを取り巻くメディアが増えるにつれ、「子どもが絵本を見なくなった」「絵本を読んであげる時間が減ってしまった」と感じている親御さんも多いでしょう。しかし、絵本は親子でコミニュケーションをはかる最高の道具です!もっともっと絵本を読む時間を作ってみてはいかがでしょうか?

のびのび☆読み聞かせ3か条

その1.一緒に読むことを楽しむ!
読み方など細かい事は気にしないでOKです。子どもはお母さん・お父さんに読んでもらうだけで嬉しいんです。

その2.お行儀が悪くても気にしない!
寝っ転がって読んでも、好きだページだけ見てもいいんです。一緒に絵本で遊ぶ感覚で楽しみましょう。

その3.いつでも好きな時に読む!
子どもが気がのらない時は飽きてしまった時は無理に読まなくても大丈夫。ちょっとだけでも気の向くままに。

子育てコラム

子育てで1番大切なこと

子育てで一番大切なこと。子どもが幸せに生きていくために一番大切なこと。
それは「自己肯定感」です。
自己肯定感とは、勉強できるとか、スポーツができるとか、しつけがちゃんとされているといった能力への自信ではなく、欠点も含めて「私は自分が大好きだ。このままでいいんだ。私は必要とされる人間なんだ」という自分の存在自体への自信の気持ちです。この自己肯定感がなければ、人は幸せに生きる第一歩を踏み出せません。大人になってどんなにいい会社に勤めても、お金を持っていても、自己肯定感が低いと辛い人生になります。
親が子どもにあげられる最大のプレゼントがこの「自己肯定感」なのです。親とのかかわりの中で子どもはどんどん自己肯定感を獲得し、自分の人生を自由に楽しく、人への優しい気持ちも持ちながら歩んでいける人間に成長できるのです。
今、日本の若者の自己肯定感の低さは、とても深刻な問題になっています。優等生の凶悪犯罪がニュースを賑わすことが多くなったのは気のせいではありません。今こそ、親達が自己肯定感の大切さに気づき、温かい目で子ども達を見守り、幸せに育てる必要があるのではないでしょうか。

子育てコラム

素直な子を育てるには?

ここでいう「素直な子」とは、平和主義で人の話をちゃんと聞ける子、感情表現が豊かで裏表がない子です。わが子にはそんな「素直な子」になってほしいですよね。
では、そんな「素直な子」にするには、親はどうすればいいのでしょうか?

▼素直な子に育てるために親がすべきこと
1.親が冷静に自分の非を認めて子どもに謝ることができるようにしましょう。
2.子どもの話をしっかりと聞きましょう。
3.約束を守りましょう。
4.他の子どもと比べないようにしましょう。
5.子どもの自主性を尊重しましょう。
6.きちんと褒め、きちんと叱りましょう。
7.規則正しい生活基盤をつくりましょう。
8.親子間で良好なコミュニケーションをとりましょう。

まずは大人たちが子どもとのかかわりを見つめなおしてみることが大切ですね!

子育てコラム

プール熱(咽頭結膜炎)にご注意を。


もうすぐプールの季節!子どもたちにとっては楽しみな時期ですが、この頃になると流行するのが「プール熱」です。正式名称は「咽頭結膜炎」といい、アデラウイルスによって発症する感染症で、夏頃に活発化しプールの水で感染することもあるため、プール熱と呼ばれています。
プール熱の主な症状は咽頭炎・結膜炎・発熱で、咳などによる飛沫感染やタオル等を介した接触感染、塩素管理が不十分なプールの水でも感染します。予防としては手洗い・うがい、身の回りの消毒が基本です。
お子さんがプールに入ったあとは、目をよく洗い、うがいをさせてください。友だちが忘れたからと言って、使ったタオルなどの貸し借りはやめましょう。
感染力が強く、目やにや便からも感染する場合がありますので、お子さんがプール熱になった場合は介助するご家族もいつもより手洗い、うがい、消毒を徹底してください。もちろんご自宅でもタオルや洗面器等の共有は感染のリスクがありますので注意が必要です。

松島町の子育て支援サポート

ページトップへ
ページトップへ